京都市の交通事故整骨院トップページ > 交通事故によるむちうち

交通事故によるむちうち

交通事故による衝撃は事故の状況によりますが、
体にいろいろな歪みを引き起こします。
交通事故後遺症は一番多いのは首に損傷を受ける「むちうち症」です。

「むち打ち症」の症状には個人差があり、
事故状況や、被害者の体質・年齢などによっても症状が違ってきます。 
事故直後は、脳しんとうの症状として短時間の意識障害を起こすことがあります。 

また、重症の場合は、脊髄の周りの腫れや内出血により、
手足が麻痺したり失禁したりすることがあります。
その場合、進行の状況によっては手術の必要も考えられます。

体の内臓器等は背骨や肋骨によって保護されていますが、

首は一番不安定な部分であり、一番衝撃に弱い場所

です。その弱い場所に、
事故によって首大きく揺さぶられたり、衝撃を受けるので、
早期に専門家の施術が必要です。

事故にあった直後は気が動転したり、興奮状態にあり、
症状が現れないことがありますが、事故に遭った数日後に痛みが現れる
ことがあります。

放っておくと、首、頭部、肩の痛み、吐き気などの症状が、
後遺症として残る場合がありますので、お早めにご相談ください。

もし、季節の変わり目、職場復帰後に関節の痛み、
シビレが出た際は、いつでもご相談ください。

お急ぎの方は、お近くの当グループ院へ今すぐお電話下さい!

■京都市の分院
京都市東山区の交通事故整骨院 京都市左京区の交通事故整骨院
■南丹市分院 
南丹市園部の交通事故整骨院 南丹市神吉の交通事故整骨院
南丹市八木の交通事故整骨院 南丹市日吉町の交通事故整骨院
 各院の案内はこちら >>>
Copyright(c) 2011 京都市交通事故・むちうち110. All Rights Reserved. Design by Cloud template