京都市の交通事故整骨院トップページ > 代表からのあいさつ

当グループの想い

整骨院を初めたきっかけというのは、
私が生まれ育ったところが過疎地だったのもあり、

「過疎地の医療をしっかりしよう」

という想いからはじまりました。

京都・南丹の按幸堂代表徳見崇

『利益を追求してたくさんの患者さんをこなす』

というやり方よりは、

おひとりおひとりを大事にして、しっかりとした施術で良くなっていただく

当然のことですが、
成果を出すということにこだわった院を作ろうと始めました。

我々は、よく先生といわれる立ち場なんですけど、患者さんと平行か、
もしくは少し下った位置から患者さんをしっかりみさせていただかないと、

先生といわれていることに勘違いした立場をとってしまい、
施術を押しつけてしまいがちです。例えば、

「ココがこう痛いからこの施術をするんだ」

という形をとってしまいがちですが、そうではなくて、

患者さんに対して我々が持っている知識だとか、技術をまず提供する

その中で患者さんに「どのようにしましょうか?」
という風に、

あくまでも
患者さんが納得したうえで、施術を提供する
ことを心がけております。

事故直後は、痛みがなくても、軽いケガだから…と油断してしまいがちですが、
後から痛みやシビレがでることがよくありますので、そうならないよう

早期の集中施術で、症状が改善するまで施術を受ける

ことをおすすめします。

 

 

お急ぎの方は、お近くのグループ院にご連絡ください

■京都市の分院
京都市東山区の交通事故整骨院 京都市左京区の交通事故整骨院
■南丹市分院 
南丹市園部の交通事故整骨院 南丹市神吉の交通事故整骨院
南丹市八木の交通事故整骨院 南丹市日吉町の交通事故整骨院
 各院の案内はこちら >>>
Copyright(c) 2011 京都市交通事故・むちうち110. All Rights Reserved. Design by Cloud template